MENU

翻訳と契約文書のアドバイス、お任せください。

海外と日本の法律の違い

海外からの輸入販売に避けて通れない重要なステップの一つにメーカーとの外国語でのやり取りと販売契約の締結という手続きがあります。

通常、国をまたぐ契約書の作成は英語表記で英米法に基づく契約を交わすのが一般的ですが、英米法に基づく契約書の体裁や基本的な法律上の考え方は日本におけるそれとは大いに異なります。

法律体系がそもそも日本では大陸法に基づいており、英米法の体系とは異なることに加え、日本の一般的な契約書はいわば性善説に基づき取り決め事がかなり大雑把なのに対し、英文の契約書ではお互いの権利や義務を非常に事細かく記述するのが一般的です。

また契約書の本文が大雑把でかつ相互の契約の解釈に相違が出た場合などは契約締結に至るメールなどでのいやり取りの内容が契約の一部と解釈される事もあります。


シンフロンテーラではこう言った契約上のトラブルを最小限に抑える為のサポート業務として、以下のサービスを提供しています。

翻訳サービス

契約締結前後の交渉相手とのメール等によるビジネス文書の翻訳をいたします。
英語日本語      日本語英語

契約文書・内容に関するアドバイス

契約書の翻訳及び契約書中に記載する事が望まれる事があれば、その旨のアドバイスや法的リスクの可能性などの指摘。なお、契約書の翻訳は英米からの和訳及び日本文の英訳も承ります。日本語から英語への翻訳の場合は日本語の契約書には表記されないが、英文契約書では記載が一般的である条項などを独自に追加する事も含みます。




上に戻る